志村けんさん逝去

今朝方より既に様々なニュースで報じられているとおり(NHKニュースなど)、3月29日夜、コメディアンの志村けんさんが新型コロナウィルスによる肺炎で亡くなりました。70歳でした。

ふだん、このブログでは番組情報以外は取り上げていませんが、志村さんの存在の大きさを鑑みまして、追悼の記事を掲載させていただきます。なお、通常記事では芸能人は原則敬称略で記載しており、またテレビの向こう側の人としてこれまでのように「志村」と呼ぶほうがむしろ親しみがあるのかもしれませんが、ここでは追悼記事のため、敬称ありとさせていただきました。

このブログをご覧の方々でも、子どもの頃に「だいじょうぶだぁ」・「バカ殿様」などの数々のシーンから何らかの影響を受けたという方は多いのではないかと思います。私もまさにそういう世代でした。現在に至るまで、「だいじょうぶだぁ」・「バカ殿様」はずっと継続していて、このブログでもリアルタイムで多くのシーンを取り上げてきました。

いわゆるWAMMER(ワマー)と呼ばれる人々が志村さんに対して抱いている、ただお笑いの側面だけにとどまらない複雑な思いは、客観的には一方通行の片思いに過ぎず、数々のシーンについては志村さんからすれば純粋にお笑いを届けようとしていただけなのでしょう。それでもなお、私も含め一部の人々にとって志村さんは、一般の世界や笑いの世界と、自分の内に秘めた非常に特殊な関心との架け橋として、ずっと象徴的な存在だったのではないかと思います。子ども心に感じた、ゲストを相手にスラップスティックコントが始まったときのドキドキ感は、今なお忘れることができません。

その純粋なドキドキが、そう感じるのはもしかして自分だけなのだろうか?という禁断の疑問へと発展し、やがてネット環境を手に入れて、広い世界を探せば他にも同志がいるのではないだろうかとネット検索して…というような経験をお持ちの方は多いと思います。こういったことは世代によって様々だと思いますが、私の場合、このジャンルに出会うまでの心細さを思い返すときに、原体験として一緒に思い出されるものの一つが、志村さんの番組でした。

もちろん、それ以外の普通のコントの数々にただただ笑ったのも確かで、偉大なコメディアンを亡くしたという喪失感にも違いはありません。

新作の「だいじょうぶだぁ」が、「バカ殿様」が、それらの番組のところどころにアクセントのように混ざっていたWAMMER好みのシーンが、もう見られなくなったのは本当に残念です。

長いあいだ、幾多のシーンや笑いをありがとうございました。ここに故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。そしてまた、この疫病の流行の終息を切に願います。

【掲載後追記】
フジテレビで4月1日に追悼特番があるそうです。他局でもあれば、ここに追記します。
・4月1日(水)、CX、「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」 (カンテレ番組表はこの追記の時点ではまだ「調整中」となっています。)

4月4日の「京都の心ここにあり 祇園・都をどり」(BS)

■4月4日(土)、NHK BS4K、「京都の心ここにあり 祇園・都をどり」

以前に放送されたものの再放送だそうです。都をどりのドキュメンタリーですが、番組表に「今回特別に舞台裏にもカメラが入ることが許され、本番までの一か月を記録した」とあるので、もしかしたら化粧シーンがあるかもしれません。

31日の「世界仰天ニュース」(続報)

■3月31日(火)、KTV、「ザ!世界仰天ニュース地味に痛い&危険な食物未解決事件に迫る20年突入4時間SP」

3月4日の記事の続報です。番組表に「生駒が顔面ケーキで悲劇」とあり、さらに番組サイトに文章で情報が出ています。生駒里奈が出演するのは一般人のエピソードの再現VTRのようで、以下のように書かれています。カット割りや実際の付着については不明です。

誕生日ケーキでまさかの地獄と天国

大阪に住む真希子さん。 26歳の誕生日の日に、知人が主催するバーベキューパーティーに参加した。 彼氏にフラれたばかりでテンションが上がらず、うんざりしていると・・ サプライズでケーキが用意されていた! しかしそれは食べる用ではなく…、なんと悪ノリで顔面に! この顔面ケーキが真希子さんにとんでもない悲劇とハッピーエンドをもたらす!

30日の「世界まる見え!テレビ特捜部」

■3月30日(月)、YTV、「世界まる見え!テレビ特捜部 3時間SP」

番組表に「▽出川&小峠のドッキリ映像集&岩田アナのクリームまみれお宝映像」とあり、MCに加入した岩田絵里奈がクリーム砲をくらったシーン(2018年9月20日の記事)が流れるようです。(メールでもお知らせいただきました。ありがとうございます。)

過去のVTRではなく新たな収録部分については、番組サイトの予告動画からすると男性芸人へのクリーム砲はありそうですが、女性出演者にあるかどうかは不明です。

以下、番組表からの引用です。

30年分の傑作面白映像満載!番組の功労者にたけしからの感謝状▽テレビを変えた世界経済を池上彰が分析!▽超過激!浮気調査番組&大人気空港税関の傑作選▽そらジローに謎の兄弟が!?向井理&滝沢カレンも水まみれに▽東山紀之がたけしを落ち込ませた超貴重映像▽出川&小峠のドッキリ映像集&岩田アナのクリームまみれお宝映像

なお、3月28日に関東で放送された番宣番組にて日向坂46の佐々木美玲がクリーム砲を浴びてみたいという発言をしたそうですが(実況画像)、前後のコメントの流れからすると、今回は「まる見え」の収録で誰か他の出演者が浴びたのを遠巻きに見ていて、飛沫がスカートに飛んだのみで、直接受けたわけではなさそうです。今後、実現があるでしょうか。

NTV「26時“ちょい前”のマスカレイド」#6、2020年3月26日放送

日本テレビ3月26日放送「26時“ちょい前”のマスカレイド」#6(最終回)にて、「26時のマスカレイド」の森みはるがパイ投げされるシーンがありました。(関東の方から詳しい情報をいただきました。ありがとうございます!)

用意されたゲームをクリアできれば番組制作スタッフに対して今まで不本意な企画をやらされてきた仕返しができるというもので、パイ投げがしたいという希望を持っていた森みはるが番組プロデューサーにパイ投げをすることになります。

しかし、そのあとで森みはるも他のメンバー(来栖りん・吉井美優・江嶋綾恵梨)とMCのアンタッチャブル山崎からパイ投げされることになり、椅子に座らされて各人から1発ずつ、合計4発のパイをくらいました。投げられる前の本人のコメントによると、「やりたい」とは言っていたがあくまで突然ドッキリ的にやられるようなシチュエーションを希望していたそうで、今回のような状況は想定外だったそうです。そのため迫り来るパイをバラエティ的にちょうど良い具合で怖がるようなリアクションになっていました。付着は良好で、顔全体にクリームが付いています。

メンバー3人がやさしめにパイを投げるあいだ、山崎は「(投げ方が)弱い、弱い」と言っていて、最後にこすりつけるように投げていました。鼻からフンとクリームを出すアクションも見られました。

森みはる公式インスタグラムに収録時の写真が掲載されています。(コメント欄でお知らせいただきました。ありがとうございます。)

TVerでも公式無料配信中です。4月2日深夜までですのでお早めにどうぞ。(こちらも情報ありがとうございます。)
https://tver.jp/corner/f0048973

Huluでも有料配信されています。

番組の最後に4月からの「シーズン2」が発表されていましたが、告知の画面からすると、Huluなどでの配信のみで、地上波はないのでしょうか。

続きを読む