複数番組一括記事、2020年2月~4月放送

軽めのシーンなどをまとめてご紹介する記事です。

●Hulu「ブラを捨て旅に出よう ~水原希子の世界一周ひとり旅~」#5、2020年2月から配信中

Huluのオリジナル番組です(公式サイト)。第5話アゼルバイジャン編にて、泥火山を訪れた水原希子が泥溜まりでつまづいて手をつき、服や手に泥が付くシーンがあります。顔にも少し飛沫が付いています。

●TVO「町まるごと宝探し!THE OPEN」、2020年3月3日放送

町のいろいろなところに仕掛けられたトラップと戦いながら宝探しをするバラエティで、ゆきぽよ(木村有希)が頭上のくす玉を割って軽めの粉浴びをしていました。顔にはあまりかかっていません。

●ABC「女子高生の無駄づかい」#7、2020年3月6日放送

暗記のために、岡田結実演じる主人公が友達から顔や腕にペンで英単語を書かれていました。

●Eテレ「超能力ファミリー サンダーマン」シーズン4 #3、2020年3月7日放送

主人公2人がジャムプールに落とされるシーンがありました。ジャムプールはCGによる加工、飛び込みシーンはスタントマンによる吹き替えで、最後に映る主人公2人はあとから顔や胸のあたりにジャムをつけたものと思われます。

●YTV「世界の果てまでイッテQ!」、2020年3月15日放送

いとうあさこがアメリカでホワイトタイガーのボディペイントを体験していました。

●NHK BS4K「京都・祇園 紗月の四季」、2020年3月28日放送

人気芸妓の密着ドキュメンタリーです。化粧シーンも少しだけありました。以前、4K衛星放送の特設リポートページでも触れましたが、NHKのBS4Kは肌の凹凸が強調されない撮り方とカラーグレーディングをしているようで、今回も肌に関してはさほどのディテールはありませんでした。今後、同様の番組があっても、その点に関してはあまり期待できなさそうです。

●YTV「世界まる見え!テレビ特捜部3時間SP」、2020年3月30日放送

番組オープニング恒例の芸人よごし場面の振り返りVTRがあり、日本テレビアナウンサーの岩田絵里奈がクリーム砲を受けたシーン(2018年9月20日の記事)も流れていました。ただしVTRの構成もその後のスタジオトークも、巻き添えになった男性出演者に焦点が当てられ、岩田絵里奈のコメントはあまり聞けませんでした。また、日向坂46の佐々木美玲がクリーム砲を浴びたいと発言していました。

●YTV「大阪ほんわかテレビ」、2020年4月3日放送

Twitterで話題の泡洗顔ものまねをする人が取材を受け、番組用に新作を披露していました。

●YTV「ヒルナンデス」、2020年4月7日放送

大家族の餃子作りで粉を付け合うシーンがありました。(メールでお知らせいただきました。ありがとうございます。)

●Eテレ「天才てれびくんhello,」、2020年4月7日放送

障害物競走に飴食いがあり、てれび戦士3人が真っ白になっていました。みやぞんが番組オリジナルソングを歌うバックで最初の2回を振り返るVTRが流れ、そこに落顔メイクをしたメンバーが映っていましたが、4月6日・7日いずれの回にも該当のシーンはなかったように思います。今後出てくるのでしょうか。(掲載後追記、もしかしたら4月9日の回に改めて出てくるかもしれません。別記事をご参照ください。)

続きを読む

BDレコーダーの買い換えと4K衛星放送

2011年末以来使っていたBDレコーダーの動作が若干あやしくなってきたため、この9月、約8年ぶりに買い換えに踏み切りました(それとは別に2014年末から全録型のレコーダーも併用しています)。今回、従来の地上波・BSに加え、新たにNHKと民放の4K衛星放送も録画できる機種を選んだため、それらの番組をチェックできるようになりました。

4K-BS放送は2018年12月に始まりましたが、NHKを除くと4Kカメラで収録された番組は少なく、民放は大半の時間帯が従来のBSとのサイマル放送(=フルHDからのアップコンバート)という状況です。バラエティ番組はほぼなく、以前のBSプレミアムの「七人のコント侍」(過去記事検索)に相当するようなコンテンツはまだありません。当面、ブログのチェック範囲が大きく広がるということはなさそうです。

現時点では、単にまみれ系のシーン目的であれば、費用対効果・時間対効果という観点からしても、AbemaTVなどのネット放送を重点的にチェックするほうがよほど収穫は多いと思います。

放送波の意義、電波の有効利用や普及の見通しといった論点はこのブログのテーマの対象外ですので取り上げませんが、画質など技術面についてのみ、簡単に触れておきます。

画質については、まず、広角の場面やロングショットの情報量の多さはさすがだと感じました。スポーツ中継の観客席(11月15日の記事参照)や舞台中継などでその良さがよく出ていると思います。

個人的には、顔をクローズアップで撮ったときの肌の質感の精細さにも期待しているのですが、やはりその点は撮り方に配慮があるのか、いくつかの番組をざっと見た印象では、4K収録の番組ではクローズアップ自体をあまり見かけません。それに加えてNHKのドラマは、あまりディテールをカリカリに描き出すような質感にならないよう、おそらくシャープネスをかなり抑えて(あるいは何らかのフィルターを加えて)撮られているように見えます。その点、屋外ロケのドキュメンタリー番組のほうがむしろ加工の少ない素の映像を見られます。

他には、圧縮コーデックが地デジと従来のBSのMPEG-2から4K-BSではHEVCになったことに伴い、情報量の多い場面や動きの激しい場面でのブロックノイズがかなり目立たなくなりました。

今後、4Kと相性の良さそうな番組として、「仮装大賞」を4K収録してBS日テレ4Kでも放送してくれたら面白そうですが、実現の可能性は低いでしょうか。

4K-BS放送でこんな番組があるなど、何かお気づきの情報がありましたら、お知らせください。

もう少し詳しいリポートをサイトの以下の特設ページにまとめましたので、ご興味がありましたらご覧ください。(複数番組記事でも取り上げたスポーツ中継の画像と、その記事では未掲載の日本舞踊の和化粧がある他は、特にこのブログ系統の画像はありません。)

4K-BSギャラリー

複数番組一括記事、2019年9月~11月放送

軽めのシーンなどをまとめてご紹介する記事です。

●NHK BS4K「ラグビー・ワールドカップ2019日本対ロシア」、2019年9月20日放送

チームカラーの赤と白を使って、しましまメイクや歌舞伎風メイクをした観客の様子が映っていました。(4K放送ソースのため、試験的に大きめのサイズで載せています。)

●NHK「金曜日のソロたちへ」、2019年10月11日放送

名古屋の芸妓さんが白塗り化粧を落とすところが映っていました。

●SUN「5時に夢中!」、2019年10月28日放送

ガウがハロウィン週間の仮装で「ジョーカー」の白塗りメイクをしていました。サンテレビではこの番組はマルチチャンネル・SD画質での放送です。

●YTV「ダウンタウンDX」、2019年10月31日放送

井戸田潤の「ハンバーグ師匠」が歌う楽曲のバックダンサーに、顔を薄黄色塗りして目玉焼きの黄身に扮した女性が映っていました。

●KTV「FNN Live News days」、2019年11月2日放送

兵庫県豊岡市の芝居小屋「出石永楽館」が新たに始める歌舞伎の化粧・衣装体験サービスで、海外の女性がモニター体験する様子が映っていました。以前ABCのニュースでも取り上げられました(10月19日の記事)。

YouTubeのサンテレビでも同様のニュースが配信されています。

●NTV「やりすぎ地球防衛軍」、2019年11月3日放送

モデルの竹内愛が白塗りくっきーメイクでデートする企画があったそうです。(ゲストブックでお知らせいただきました。ありがとうございます。)

竹内愛Twitterに画像が掲載されています。

●YouTube「ロッキー 「オアシス」篇」、2019年11月4日から配信中

ダイハツ「ロッキー」のCMで赤塗りの宇宙人が登場しています。11月5日頃から地上波で放送が始まった他、YouTubeでも配信されています。(コメント欄でもお知らせいただきました。ありがとうございます。)

●KTV「バイキング」、2019年11月4日放送

橋本マナミが韓国で泥パックをしていました。

●NHK BS4K「BSニュース4K」、2019年11月6日放送

映画「喜劇 愛妻物語」に水川あさみが落顔されるシーンがあるようです。東京国際映画祭でこの映画が脚本賞を受賞したというニュースの中で、そういう場面が映っていました。

●MBS「水曜日のダウンタウン」、2019年11月6日放送

替え歌最強トーナメントを審査する観客のカテゴリーとして「ギャル」が選ばれ、様々なギャルの中に異色肌ギャルが混じっていました。番組では何の説明もなかったため、コメントシーンでワイプの松本人志と辻希美が驚いたリアクションをしています。スタジオでの言及は特にありませんでした。

●ABC「羽鳥慎一モーニングショー」、2019年11月8日放送

テレビ朝日アナウンサーの山本雪乃が茨城県でレンコン掘りの手伝いをしていました。胴長から出たジャージが泥色に染まっています。顔には飛沫が飛ぶ程度でした。(ゲストブックでお知らせいただきました。ありがとうございます。)

●ABC「時効警察はじめました」#4、2019年11月8日放送

劇中劇のため、吉岡里帆と麻生久美子が薄めのゾンビメイクをしていました。吉岡里帆のほうは、オーディションでゾンビの演技をすると、素顔のはずなのに審査員にはゾンビの顔に見える、というこのドラマらしい特殊なシチュエーションでした。

●KTV「同期のサクラ」#6、2019年11月13日放送

オープニングで高畑充希が泡パイを受けていました。(Twitter・ゲストブックでお知らせいただきました。ありがとうございます。)

続きを読む