ブログの画像を全削除しました

注目

日頃このブログをご覧いただき、ありがとうございます。

大変残念なお知らせですが、総合的な事情により、このブログの番組画像をいったんすべて削除させていただきました。現在ほぼ全部の画像がリンク切れになっていますが、サーバエラー等によるものではありません。

長年、このブログでは、地上波・BSの無料放送を主な対象とし、文章とキャプチャ画像により内容を説明、動画については公式配信のもの以外は原則として取り上げない、というスタイルをとっていました。この形式であれば著作権法で認められた批評のための引用にあたる、という解釈に依っており、これまで著作権者からの削除申請を受けたことはありません。

しかしながら最近、地上波のキャプチャ画像の掲載に著作権法違反が適用されて逮捕に至る事例が登場し、上記の形式すらもいろいろと難しい状況になりつつあるようです。特に「一つの場所で、一人の投稿者が、継続的に」今の形式のまま続けることは、難しいのではないかと思います。

また、2018年末より著作権法の一部が非親告罪化しました。これは、従来は著作権者の訴えがない限りは同法違反を問われることはなかったが、法改正により、著作権者の訴えがなくても違反を問えるようになった、ということを意味します。これまで著作権者からの削除申請がなかったことは何ら保証にならない状況となっています。

最近、親切な方からこれらの点に関して非常に考慮すべき詳細なご指摘をいただき、慎重な検討の結果、いったん画像の全削除という対策をとらせていただくことにしました(改めて情報ありがとうございました)。摘発事例の場合は営利目的だったようですが、このブログでは広告収入等はなく、現時点では過剰防衛の可能性が高いかもしれません。しかし、まさにその見返りのなさの故に、わざわざ潜在的なリスクを取り続けようという気は持てませんでした。

事前情報については多少の需要があるかとは思いますので、当面、文章のみで継続したいと考えてはいますが、おそらく文章のみではまったく見る気がしない、という方も多数おられるかと思います。その場合はブログの継続自体も検討課題としたいと思います。アクセス数の推移を見て検討させていただきます。

予告してからの削除の場合、アーカイブのためのダウンロードなどで非常にサーバに負荷がかかっておそらくブログとサイトがダウンするため、突然の削除となったことをお詫び申し上げます。ご覧いただいていた方には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

※しばらくの期間、この記事は先頭に固定表示させていただきますので、お手数ですがその間の新規の記事はスクロールダウンしてご覧ください。

Note:
Japanese copyright law has been tightened for these years, and I hear there are cases in which people who uploaded capture images (not video!) of TV show to internet were arrested.
I’d like to avoid potential risks, so I deleted all images of this weblog.
I appreciate your understanding.

新年記事のコメントありがとうございました

大変遅くなりましたが、新年のご挨拶記事に多くのコメントありがとうございました!いただいたコメントは今年もまた更新の糧とさせていただきます。

この1月は単体の記事にするほどの番組シーンはありませんでした。一方で、Twitterなどの情報を拝見していると、YouTubeやtiktokなど個人発信の動画にはメイク・落顔・パイなどが多数あったようです。テレビ番組についても盛り返しを期待したいところです。

単にネタの供給源というだけでなく、根本的に映像メディアの覇権が放送波からネットに移りつつあることに関して、何か新春コラムを書こうかなと思っていたら、もう2月も目前になってしまい、機会を逃しました。今年何か良いタイミングがあれば、あるいは来年以降、改めて取り上げたいと思います。

2020年でもっとも印象に残ったシーンのアンケートの集計結果

昨年末からこの年始にかけて、2020年でもっとも印象に残ったTVシーンについてのアンケートをTwitterとGoogleフォームで実施していました。その結果を掲載いたします。実施の際は、両方の結果を合算する予定でしたが、結果の傾向にだいぶ違いがありましたので、それぞれ別に集計いたします。
続きを読む

新年のご挨拶(2021年)

新年あけましておめでとうございます。

日頃このブログをご覧いただき、また多くの情報をお寄せいただき、まことにありがとうございます。今年も皆様からの番組情報をいつでもお待ちしております。事前情報、放送済み問わず、幅広くお寄せいただけますとありがたいです。

お陰様でブログ開設から早くも15年が経過しました。ブログ開設時と異なり、現在はネット配信動画とSNSのこれまで以上の隆盛が予想される中で、「テレビ放送に関する情報をブログで発信する」というスタイルはもう効率的ではなくなっているのですが(この点は後日新春コラムとして書きたいと思います)、まだ当面はできる範囲でこのブログを継続していきたいと思っています。

昨年春先から現在に至るまで日本だけでなく世界全体が皆様もご存じのとおりの状況で、すぐに平常に戻ることはなさそうですが、まずは少なくとも現在の流行が収まって、小休止であっても平穏を取り戻せたらと願っています。皆様のご健康を祈念申し上げます。

毎年のことで恐縮ですが、このブログは多くの方にご訪問いただいているものの、ふだんはご覧の方から日々の更新に関して反応をいただけることはさほど多くありません。新年のこの機会に、いつも見てますの一言でもコメントいただけますと、とても更新の励みになります。(コメントはこちらからご記入いただけます。)

また、別記事にて、2020年でもっとも印象に残ったシーンのアンケートも実施中です。Twitterのほうは1月3日までですが、Googleフォームのほうはまだご回答受付中ですので、もし間に合いましたら、そちらもご回答いただければと思います。

それでは、今年もよろしくお願いいたします!

※この記事はしばらくブログ先頭に固定表示させていただく予定です。その間は、トップページでは新規の記事はこの下に表示されますので、お手数ですがスクロールダウンしてご覧ください。

2020年でもっとも印象に残ったシーンのアンケートを実施中です

Twitterのアンケート機能を利用して、2020年のテレビシーンでもっとも印象に残ったシーンのアンケートを実施中です。ご回答期間は1月3日20時頃までです(下記Googleフォームのほうは1月3日以降もご回答可能です)。お気軽にご回答いただければと思います。Twitterのアンケートは選択肢の上限が4つのため、選択肢以外のシーンの場合は、「その他」をご選択の上でリプライで番組名またはシーン内容をお送りください。

Twitterアカウントがない方は、下記Googleフォームのアンケートでもご回答いただけます。ただしこちらはGoogleアカウントが必要です。選択肢以外のシーンの場合は、「その他」をご選択の上、横の記入欄に番組名またはシーン内容をご記入ください。

最後は両方を合算する予定ですので、Twitter・Googleフォームどちらか片方にご回答いただければと思います。

Twitter・Googleアカウントいずれもお持ちでない場合はすみません!