Top > Works > ペイント体験その23 泥風編 (2015年9月26日掲載)

ペイント体験その23 泥風編

泥んこ・絵の具作品の内容紹介です。(ダウンロード・ストリーミング・Blu-ray・DVD、約35分)

サンプル動画

XCREAMでサンプルを再生

YouTubeで再生できない場合はこちらでご覧ください。クリックすると別ウィンドウで再生できます。

画像

写真

ご参考まで、撮影時のデジカメ写真です。映像からのキャプチャ画像ではありませんので、本編に同一の場面がない場合があります。

内容説明

モデルさん(北見えりさん、21歳)に、泥風の素材で泥遊びしていただきました。とろみ剤をベースに絵の具で着色して作成した素材です。

前半は着衣でクレイ系の色合いの泥、後半は水着でやや赤系の色混じりの泥をイメージしています。モデルさんによると高級なボディソープのような肌触りとのことで、突っ込むアクションも含め全体として楽しかったそうです。随所のコメントもユニークで、適応力の高いモデルさんでした。

前半は23分、後半は10分ほどです。前半はコスチュームを使用していますが、中には水着を着込んでおり、本格的な衣装要素というほどのものでは全然ないと思います。

素材について

【前半】…水(お湯)6リットル、食品用増粘剤「とろみ名人」約350グラム、ローションの元(ポリアクリル酸ナトリウム)15グラム、ターナーミルクペイント「ヘンプベージュ」1.2リットル、オールドビレッジのバターミルクペイント黒200ミリリットルを混ぜたもの

【後半】…水(お湯)約2〜2.5リットル前後、とろみ名人110グラム、ローションの元5グラム、オールドビレッジのバターミルクペイント色番号2-3「Child's Rocker Dark Red」(チャイルド・ロッカー・ダーク・レッド)約1リットルを混ぜたものを、上記「前半」の残り4リットルほどと混ぜ合わせたもの

※後半の赤系の絵の具は、5月に参加イベントでお会いした方からご提供いただきました。ありがとうございました。

基本的には「ペイント体験その22 潤滑編」と同じ組み合わせです。ポリアクリル酸ナトリウムはぺぺローションの元にもなっている成分で、Amazonなどでも購入できます。

メリットと注意点

本物の泥素材と比較した場合のこの擬似泥のメリットとしましては、成分の多くが水のため、素材を多めに使う場合でも運搬・運び込みの負担が比較的少なくて済むこと、ゆっくり杓子でかきまぜるだけで滑らかな仕上がりになるため撹拌に機械工具や大きな腕力が不要であることなどが挙げられます(私の場合は特にこれらの2点で撮影環境的に制約が大きく、少し前からこの組成の素材を使用しています)。また、色の調合しだいでお好みの色の泥に仕上げられます。

注意点としては、本物の泥素材は泥の種類を選べば無臭に仕上げられますが、この擬似泥はやや絵の具の匂いがします。肌には全然残らず、不快な匂いではないと思いますが、無臭を求める場合や、泥のにおいがお好きな場合には、本物のほうがいいかもしれません。

素材の分量(体積)あたりのコストは正確には比較していませんが、今回の素材は約7リットルで5000円前後の勘定なので、同じ量を用意する際にそれより安価であれば、そちらのほうが低コストということになります。

作品の基本情報

作品時間:35分
撮影フォーマット:4K 24P
制作年:2015年
視聴方法:ダウンロード・ストリーミング・Blu-ray・DVD

ご注文方法

ダウンロード・ストリーミング

販売サイトXCREAMよりご購入いただけます(XCREAMの作品ページ)。
画質:4K~SDまで選択可能
形式:MP4
対応デバイス:パソコン・スマートフォン・タブレットなどに対応しています。

Blu-ray・DVD

販売サイトFetish Factory GAGON DVDショップよりご購入いただけます(Blu-rayDVD)。
画質:フルHD(Blu-ray)、SD(DVD)

各販売サイトの説明は「ご注文について」をご参照ください。

関連ページ

今回のモデルさんのTwitterです。

他に以下のような同じシリーズ・類似素材の作品があります。

ご意見・ご感想をお待ちしています

一言メッセージフォーム … お気軽にご意見・ご感想メッセージをお寄せください! 管理人宛に直接届きます。

※管理人からの返信が必要なお問い合わせは、メールフォーム のほうからお願いします。
ゲストブック への書き込みも大歓迎です!