Top > Works > ペイント体験その12 増粘編 (2013年9月28日掲載)

ペイント体験その12 増粘編

絵の具系作品の内容紹介です。(BD・DVD・ダウンロード版、本編約25分)

サンプル動画

YouTube・Dailymotionとも同一の内容です。

YouTube

Dailymotion

クリックすると別ウィンドウで再生されます。外部サイト(YouTube・Dailymotion・Vimeoなど)のサンプルは削除される場合があります。

※Dailymotionでは、動画の再生前に広告動画が強制挿入されることがあります。その場合は、動画再生枠内の右上隅にある×印をクリックすると、広告をスキップできます。

画像

写真

ご参考まで、撮影時のデジカメ写真です。映像からのキャプチャ画像ではありませんので、本編に同一の場面がない場合があります。

内容説明

ペイント(塗料)系の素材を使った作品です。

大きめのバケツいっぱいにトロミのある黒い素材を満たし、そこに頭を突っ込むというアクションを中心に、全身真っ黒へ変身するのに挑戦していただきました。途中、白い絵の具も使っています。モデルさんはとても積極的な方で、こういった感触がたいへん楽しかったとのことでした。罰ゲーム感はまったく無く、むしろどんどんやってみたい感じだったそうです。

「真っ黒の状態のほうがポーズがとりやすい」・「突っ込むアクションがいちばん楽しい」などのコメントもあり、とてもユニークで前向きなモデルさんでした。

素材について

実験的に、黒については、洗濯糊(750mlボトル8本)・墨汁(180mlボトル6本)を混ぜ合わせたおよそ7リットルの液体に、食品用の増粘剤約150グラムを溶かして粘り気をつけています。バケツは10リットル前後の容量のものを使用しました。洗濯糊・墨汁ともホームセンターか100円ショップで1本100円前後の価格で売られています。食品用の増粘剤はamazon等で「トロミ」などで検索していただければ、様々な商品があると思います。今回は「とろみ名人」という商品を使用しています。

洗濯糊+墨汁のみではまったく肌に載らないということもあって増粘剤を混ぜてみたものの、それでも、こすると画像27番のような感じになります。中盤以降(特に白を混ぜて以降)は地肌は見えにくくなっていましたが、増粘剤を増やすとまた違ってくるかもしれません。

なお、墨汁に洗濯糊(やその他何らかの潤滑剤)を混ぜずに原液のまま使用すると肌に残りやすい(落としにくい)ため、ご注意ください。今回の素材は落としやすく、肌には残りません。

映像フォーマット等 (2015年12月7日更新)

この作品は、Blu-ray(ブルーレイ)版・DVD版・ダウンロード版があります。

XCREAMのこの作品のダウンロード版は、複数の解像度が用意されています。

種類形式コーデック解像度ビットレート収録時間特典映像
Blu-ray版Blu-rayMPEG-21920x1080/24P約25Mbps25分なし
DVD版DVD-VideoMPEG-2720x480/24P約7Mbps25分なし
ダウンロード版
(XCREAM)
MP4MPEG-4 AVC
(H.264)
1920x1080、
1280x720
約6Mbps、
約4Mbps
25分なし
ダウンロード版
(PiedAsianGirls)
MP4MPEG-4 AVC
(H.264)
1280x720約4Mbps25分なし

ご注文について

この作品の注文をご検討いただける場合は、以下のページをご参照ください。
当サイトの作品のご注文について

関連ページ

他に以下のような絵の具系の作品があります。

「ペイント体験その11 どうぶつ編」
「ペイント体験その8 色味・赤編」・同「その10 色味・水色編」
「ペイント体験その7 強調編」
「ペイント体験その6 天性編」
ショートフィルム「どろどろ」
ショートフィルム「まみれ計画」
「ペイント体験その4 純白編」
「ペイント体験その3 順位編」
「ペイント体験その2」
「ペイント体験その1」

ご意見・ご感想をお待ちしています

一言メッセージフォーム … お気軽にご意見・ご感想メッセージをお寄せください! 管理人宛に直接届きます。

※管理人からの返信が必要なお問い合わせは、メールフォーム のほうからお願いします。
ゲストブック への書き込みも大歓迎です!